冬の幡豆めぐり

2月は冬を乗り切る最後の月。寒さの中で春を待ち望むそんな2月、西尾市の幡豆地区には、エキサイティングなお祭や、家族で楽しめるレジャースポットや早春グルメなど、今回は幡豆地区をピックアップしてご紹介します。


天下の奇祭 鳥羽の火祭り   ※2021年は新型コロナウィルス感染症の影響で中止となりました


天下の奇祭 鳥羽の火祭り天下の奇祭 鳥羽の火祭り

恐れ知らずの鳥羽男達の
勇猛果敢な挑戦が今年も始まる!!

毎年2月の第2日曜日、幡豆地区の鳥羽神明社において、1,200年の伝統を誇る「鳥羽の火祭り」が行われます。
25歳の厄男を中心に「ネコ」と呼ばれる奉仕者が燃えさかる「すずみ」の中に飛び込み、神木と十二縄を競って取り出し神前に供えるこの祭りは国指定の重要無形民俗文化財にも指定されています。
冬の夜空を焦がす「鳥羽の火祭り」に是非お越しください!

西尾市観光協会紹介ページ 西尾市紹介ページ
鳥羽神明社ホームエージ

尊皇蔵元 清酒「三河鳥羽の火祭り」辛口


愛知こどもの国

愛知こどもの国
愛知こどもの国
愛知こどもの国
「あさひが丘」と「ゆうひが丘」の2つの山からなる自然を生かした大規模な児童総合遊園地。 こどもたちが自然の中で遊びながら「こどもと自然との対話」「こどもとこどもとの対話」「こどもと親たちとの対話」など「自然とのさまざまな形での対話」をとおして健康で豊かな心を培うことをテーマとしています。 園内にはキャンプ場や巨大遊具、ランドトレインやこども汽車やゴーカートなどさまざまな楽しみ方があります。入園無料です。

西尾市観光協会紹介ページ
 愛知こどもの国ホームページ

安泰寺


~春の便りをいち早く伝える梅の花の名所~

安泰寺

安泰寺(あんたいじ)は、徳川氏に仕えた幡豆小笠原氏の菩提寺として、欠城(かけじょう)主・小笠原長重によって永正10年(1513)に創建された曹洞宗寺院です。境内には家康が鎧を掛けたと伝えられる松の根があり、寺宝として家康愛蔵品と伝わる椰子実水飲・金紫銅之水容 (市指定文化財)を所蔵しています(非公開)。
春には遅咲きの河津桜が楽しめます。

西尾市観光協会紹介ページ
 安泰寺ホームページ

潮干狩りが始まるよ!

~潮干狩りは3月からシーズンイン!~

西尾市では3月から7月まで三河湾に面した7ヵ所で潮干狩りを楽しむことができます。
幡豆エリアでは東はず海岸・前島、沖島、西幡豆・鳥羽海岸にて潮干狩りをお楽しみいただけます。海のきれいな三河湾産のアサリはぽっちゃり型で甘みがあり、知る人ぞ知る春の味覚として有名です。ぜひお越しください!
※潮干狩りができる期間や日付、時間帯は場所によって異なりますので、必ずお出かけ前に潮干狩り予定表等をご確認ください。
※繁殖保護等で年によって行われないことがあります。

潮干狩りが始まるよ!

潮干狩り情報は
潮干狩りを楽しもう!

幡豆グルメ

はずあさりの豆味噌焼き
はずあさりの豆味噌焼き

「はずあさりの豆味噌焼き」は幡豆エリアの三河湾で獲れたアサリと独特の製法を持つ豆味噌を使った特産品。幡豆のソウルフードとして調味料まですべてを地元産でこだわった「はずあさりの豆味噌焼き」をぜひご賞味ください。
※お問合せ先は、はずブランド販売協議会
0563-62-2271(すずみそ醸造場)


「はずあさりの豆味噌焼き」の提供店舗の情報はこちら
和食処 愛 0563-62-3277
お食事処 魚直 0563-62-2118
食処 喜泉 0563-62-4284
民宿 鈴喜館 0563-62-2093