西尾市の海産物

西尾市は三河湾に面してます。そのため、西尾市ならではの海産物が非常に豊富。西尾市のグルメの定番一色産のうなぎはもちろん、3月から8月にかけて各地で行われているあさりの潮干狩り、最近注目されてきた三河湾のトラフグなど……食材を買ってご自宅で料理していただくもよし、地元の宿や食堂で舌鼓を打っていただくもよし!西尾の海の幸をぜひお楽しみください。


新鮮な魚介類を買うなら、一色さかな広場がオススメ!

 探す楽しさ、選ぶ面白さ、おいしさぎっしりのワンダーマーケット!新鮮な魚介類をはじめとする海産物が並ぶショッピング通りやレストランが揃う一色さかな広場。新鮮な魚介ならではの品質の良さと安さ。特産品のうなぎ、えびせんべい、野菜などの直売店も軒を連ね、一色の味自慢がそろいました。


一色さかな広場詳細ページはコチラから

一色さかな広場

  • うなぎ

    うなぎ

    香ばしい薫りが食欲をそそる夏のスタミナ源「うなぎ」。一色産うなぎの生産量は、全国でもトップクラスを誇り、特許庁認定の地域ブランド(地域団体登録商標)に認定されている、西尾市の自慢の特産品です。全国的にも知られる、その良い品質と味をご賞味ください。。

  • あさり

    あさり

    西尾市のあさり漁獲量は日本一。海のきれいな三河湾産のアサリはぽっちゃり型で甘みがあり、知る人ぞ知る春の味覚として有名です。本場でしか味わえない旬のあさりは、西尾市内の様々なお店でご賞味いただけます。また、3月~8月には各地で潮干狩りも出来ます。

  • とらふぐ

    とらふぐ

    最近徐々に注目されて来ていますが、三河湾は日本有数のトラフグの漁場。流通しているトラフグは養殖が大半ですが、愛知県にはフグの養殖がなく、天然物の漁獲高では全国有数の産地です。西尾市内の飲食店、吉良温泉や佐久島の宿泊施設でもフグ料理をお値打ちに味わっていただけます。

  • ナマコ・このわた

    ナマコ・このわた

    佐久島はナマコの産地の一つ。酢の物が一般的なナマコですが、佐久島産といえばやっぱりこのわた。このわたはナマコの内臓を塩蔵したもの。徳川幕府に献上された三大珍味の一つで、江戸時代から独自の製法を守っています。磯の香りと独特の風味が食欲をそそります。

  • 海苔

    海苔

    三河湾の栄養がたっぷり!のり養殖の歴史は古く、江戸時代から行われてきたとされています。冬の寒さと波静かな環境のもと、やわらかで甘い香りと味のするおいしいのりが作られています。のり養殖は、風光明媚な三河湾の冬の風物詩になっています。

  • 天然カキ

    天然カキ

    佐久島周辺の磯でとれる天然カキは、味が濃く、まさに「海のミルク」。養殖物とはひと味違う美味しさです。フライでも焼いても美味しくいただけます。晩秋から春先の旬の時期だけ、佐久島の食堂や民宿に予約すれば名物料理の「磯カキ茶漬け」が食べられますよ。

  • タコしゃぶ

    タコしゃぶ

    佐久島の新名物料理として登場したメニュー。三河湾特産のタコをしゃぶしゃぶで。夏はタコの冷しゃぶも美味しいですが、冬はやっぱり鍋!ぷりぷりとしたタコの食感がたまらない。水炊き風のヘルシーで上品な味わいの鍋料理です。佐久島の食堂や民宿でご予約の上ご賞味ください。

  • えびせんべい

    えびせんべい

    全国有数の生産量を誇る西尾市の特産品です。エビのうまみをそのまま生かし、添加物をほとんど使わない自然派のスナック菓子で、お子様からお年寄りまで安心して食べていただけます。また、伝統的な「えびせんべい」だけでなく、様々な種類の「えびせんべい」が登場しています。