西尾市の花「バラ」特集

 愛知県南部に位置し三河湾に面した西尾市は、温暖な気候と矢作川のもたらす実り豊かな大地に恵まれた、農作物の生産に適した地域です。名古屋や関東・関西の大都市圏に近く、国道・高速道路での輸送に有利なことも活かし、盛んに農業がおこなわれています。
 西尾市のシンボルフラワーであるバラの「にしお小町」、「母の日」の花として知られるカーネーションの生産は全国でもトップクラス。バラ・菊・洋ラン・観葉植物など、各地でさまざまな花き類が生産されています。
 
 

憩の農園・バラ園

憩の農園・バラ園

植木や苗木、鉢花、新鮮な農作物など産直方式で提供する総合ショッピングセンターです。また、憩の農園の西に隣接したバラ園で約200種・約3,500本余りのバラが植えられ、色とりどりの美しい花があふれ、かぐわしい香りが満ちあふれています。


  • カーネーション

    カーネーション

    母の日の花としてよく知られるカーネーション。平坦で区画整理のできた地形や豊富な日照量、大消費地を付近に持つことを強みに、旧一色町で昭和35年から生産がはじまり全国トップクラスです。

  • キク(輪菊)

    キク(輪菊)

    日本一の品質の菊生産を目指して、厳密な品質管理のもとでの生産。出火直前や選花場で厳しいチェックを通過し、他産地の追随を許さない高いブランド力を実現し、市場からの高い信頼を得ています。

  • 鉢物

    鉢物

    お祝いごとやインテリアに使われる観葉植物や洋ランなども西尾の名産。コチョウランや 観葉植物、果樹・花木の鉢植えや山野草類を指す「和物」、鉢花など、個性豊かな鉢物を生産しています。

  • バラ

    バラ

    約140種を周年生産しており、ボリューム感あるバラを休まず出荷しています。西尾市のシンボルフラワーに指定されており、バラ栽培を楽しむ愛好家のバラ園も多く、市内各地で見ることができます。

  • デルフィニウム

    デルフィニウム

    キンポウゲ属の青い花。青い花はカーネーション・バラ・菊では作ることができず、鮮やかな青い花が咲くデルフィニウムは、冠婚葬祭や花束づくりの際に青い色のアクセントとして用いられます。

  • 植木

    植木

    西尾市内では福地地区を中心に、造園・ガーデニングに使われる植木や苗木、また植木生産者の多くは、花壇用の草花苗や、家庭菜園用の野菜苗も生産しており、憩の農園等で展示・販売されてます。

 

西尾市の花「バラ」を楽しむ

 西尾市の花として制定されている「バラ」は、昭和38年の「市の花」制定当時、台木の生産量日本一を誇っていたことにちなんでいます。現在もガラス温室を中心に約2万4千坪の面積でバラを育成しています。 西尾市役所をはじめ西尾市憩の農園内のバラ園や戸ヶ崎公園、名鉄西尾駅前、市内個人宅まで市内各所でバラを拝見することができますので、四季を通じて咲いていくバラの散策をお楽しみください。

平成11年(1999年)に西尾市でばらサミットが開催されたことから、市の花であるバラにシンボルフラワーを選定することになりました。 そこで、当時、業者が新たに開発していた新種の中から、ばらサミット’99inにしお実行委員会に関連するメンバーで選定し、「にしお小町」という名前を付けました。
 

西尾市の花が「バラ」になった理由

西尾市の「市の花」がバラに決定したのは昭和38年のこと。市制10周年を記念して一般公募により選定されました。当時「市花選定委員会」に寄せられた葉書には、茶産地らしく「茶の花」や「ひまわり」などもありましたが、圧倒的に多数だった「バラ」が市の花に選ばれました。
当時、台木生産が日本一だったバラの将来性を見込んでいたことや、バラは平和と幸福のシンボルだということから、市民一人ひとりに幸せな暮らしの花を咲かせようとの願いが込められて市の花として制定されました。
 

~ バラの花言葉 ~

「あなたを愛しています」「愛、恋」「美」「降伏」「秘密」など
 
 


西尾市の花バラ栽培&購入

西尾市ではガラス温室を中心に、約2万4千坪の面積で、高品質のバラを育てており、1年を通じて綺麗な花が収穫できます。中には、東京や名古屋など全国各地へ出荷されているものもあり、「スタンダード」と呼ばれる大輪のバラから、いくつもの花がついた「スプレー」と呼ばれるかわいいバラまで、色とりどりで、140種類以上の品種があります。冬から春にかけては、花が綺麗で長持ちするのが特徴です。


  • 赤色のバラ

    赤色のバラ

    赤いバラの1番人気は「サムライ」という品種。
    有望な明るい赤が特徴です。

  • 花が大きいバラ

    花が大きいバラ

    数年前から人気なのは花が大きいバラです。
    アヴァランチェは純白で大きな花が特徴。

  • 憩の農園

    憩の農園

    約200種、3,500本のバラが植えられています。
    詳細はコチラから

  • 道の駅にしお岡ノ山

    道の駅にしお岡ノ山

    毎年5月に「バラ展」を開催しています。
    詳細はコチラから


※時期によって、販売していない場合もございますので、事前にご確認ください。

 
 


西尾市のバラスポット

西尾市憩の農園・バラ園

西尾市憩の農園・バラ園

東海地方屈指のスケールを誇る、花と緑の産直ショッピングセンターです。植木や苗木、鉢花などを産地直売方式で取り扱うことで、市価よりも低料金でご提供しています。さらに、栽培方法をはじめ、ガーデニングや造園などに関する専門的なアドバイスも行っています。
また、植木展示場や盆栽展示場、花き温室展示場、モデル庭園などが設置されております。 憩の農園園内には各テナントも充実しており、園芸資材から、新鮮な農作物、地元の特産品まで幅広く取り揃っています。季節に応じたイベント開催も盛んで、年間を通し多くの来園者でにぎわう、花と緑のうるおいファームです。
憩の農園の西側にはバラ園が隣接し、約200種・3,500本余りのバラが植えられた園を散策できます。


戸ヶ崎公園

戸ヶ崎公園

園内各所にバラが植えられている花壇があり、通称「ばら公園」と呼ばれています。
運動広場を利用される方、園路で散歩をされる方、遊具を利用しに遊びくる子供さんなど、様々な目的の方が利用されます。5月上旬から中旬に見頃を迎えます。

住所 西尾市戸ヶ崎3丁目12番地
交通 [電車]名鉄西尾線桜町前駅より徒歩8分
[車]国道23号線中原ICより車で約3分
お問合せ 公園緑地課維持管理担当 0563-65-2149

名鉄西尾駅前・西尾市役所北川花壇

名鉄西尾駅前・西尾市役所北川花壇

名鉄西尾駅前には「市民ばら花壇」があります。また、西尾市役所北側花壇にも西尾市のシンボルフラワー「にしお小町」が植えられた花壇があります。 5月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。


バラ愛好家による街角花壇

バラ愛好家による街角花壇

西尾市内には、バラ愛好家がたくさんおり、自宅の庭を鮮やかなバラで彩っているお宅が点在しているため、西尾市内を散策すると、素敵なお庭に出逢うことがあるかもしれません。